キャンピングカーの魅力

アウトドアでキャンプする際に、テントやバンガローもいいけれど、移動から現地での居住空間まで全てこなすことができるキャンピングカーと言うのはやはり魅力です。
テントを張ったりする手間も無く車で行けばそこがお宿に早変わりするわけです。
天候にも左右されにくく、完全なプライベート空間で食事の用意までできるものなどもありますから手軽にそして頻繁にアウトドアを楽しみたいと言う方にはうってつけです。
子供や愛犬を連れての気ままなアウトドアにも、老後の楽しみに夫婦でキャンピングカーに乗ってあちこちへ出かけるのも素晴らしいものだと思います。
日本では1BOXタイプのバンが主流のようですが、もっと手軽に持ちたいのなら軽自動車をキャンピングカーに改造したものなどもあり、より手軽に低予算で持つことができます。
こちらも人気のようです。
海や川は勿論、道の駅停めて一泊などという手軽に旅行気分をなどといった楽しみ方もあります。
夢の空間です。

日本の環境に適したキャンピングカーについて

キャンピングカーは改造車の一種で、キャンプなどの宿泊旅行に用いることができる設備を備えている車両を指します。利用者が寝泊まりや調理を行うための設備を搭載するため、一般的にはワゴン車やバスなどの大型車両をベースに改造されています。法律上は寝台や湯沸し設備、水道設備を搭載することがキャンピングカーとしての条件と定められていますが、安全のために車両の走行中は設備の使用は禁止されています。また、車両の維持には高額な費用がかかる傾向があることから、近年では法的な基準を満たしていない簡易的な設備を持つ車両の需要が増加しています。日本では道の駅や市街地などが多く、外国では数多く存在する無人の地域が少ないことから車両の設備も簡易的なもので用途を満たす事情があります。そのため、本来の使用目的である車中泊を行う長期的な旅行には不向きな車両もあります。また、道路の幅が狭い所での走行や保管スペースを確保するために日本独自の規格である軽自動車をベースにしたキャンピングカーも作成されています。通常の車両よりも小回りが利き、価格も安価なことから高い人気を得ています。車両のメンテナンスについては特有の改造が施されていることから、点検や修理を行う際は専門の業者に依頼する必要があります。車両内の設備の故障を放置すると法的な基準を満たしていないと見做されて摘発されるケースもあるので、日頃から良好な状態を保つことが所有者の務めになります。

check

携帯を買取に出したい方はお問い合わせください

携帯 買取

Last update:2018/12/17